総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

主な外資系企業 その1

おトクがいっぱい♪♪ りそなカード《セゾン》


主な外資系企業 その1
外資系企 業貿易用語

IT関連の外資系企業といえば、「ヤフー」でしょうか。
「ヤフー」は母体がアメリカにある為、各国の「ヤフー」はアメリカの「ヤフー」が筆頭株主となっています。
しかし日本国内は例外的にソフトバンクが筆頭株主となっているようです。

ヤフー・オークション公式ガイド 2009

ソフトバンクが外資系企業や海外の企業という訳ではないのですが、アメリカが母体である事に変わりはないため、「ヤフー」も外資系企業の位置づけとなります。
ただ、法人は日本法人となっています。
外資系企業への転職を考える人にとって、「ヤフー」を外資系企業と見るのは微妙かもしれませんね。
ただ、外資系企業への転職を考える人の求めるメリットは、全て「ヤフー」に含まれているでしょう。
この他には、保険関連も外資系企業が多いです。
「アリコジャパン」、「アクサホールディングス」などが該当します。
外資系企業への転職を試みる人の多くは、営業など国内で仕事をしていた人でしょう。
そういった人は、そのノウハウを活かせる上に、平等、そして能力主義で報酬やポストを若くして得られる外資系企業への転職を希望するという事でしょう。
また、音楽関連でも外資系企業は多いです。
「BMG JAPAN」、「ユニバーサルミュージック」、「ワーナーミュージック・ジャパン」、「ポリスター」などといった会社が外資系に該当します。
音楽関連の場合、グローバルな活動も多く、最近では配信によって簡単に世界展開が行えるので、外資系企業が介入しやすい分野と言えるのでしょう。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンR 公式ミニブック【’09-’10改訂版】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンR 公式ミニブック【’09-’10改訂版】

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/05/01
  • メディア: 単行本



posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:51 | Comment(0) | 主な外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft「マイクロソフト」



日本初!画期的な英語学習法  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

Microsoft 「マイクロソフト」
外資系企 業貿易用語

マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方 (新潮新書)

マイクロソフト戦記―世界標準の作られ方 (新潮新書)

  • 作者: トム佐藤
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 新書


日本国内には、様々な外資系企業があります。
現在ではあまり景気が良いとはいえない日本ですが、バブル期には圧倒的な経済力を誇っており、そこにあやかろうとアメリカを中心に沢山の国と企業が日本に支社を構えました。
また、今では日本の会社の株を買う動きも活発化しています。
そういった流れもあり、外資系企業の参入は増え続けているのです。
外資系企業への転職を考えている人は、具体的にどの外資系企業への転職を考えているでしょうか?
外資系企業への転職を目指す人の為、ここからは主な国内の外資系企業をいくつか紹介していきたいと思います。
まずはIT・コンピューター関連。
現在最も若年層に人気がある分野ですね。
この分野の代表となるのは、やはり「マイクロソフト」です。
国内の外資系企業への転職人気第1位を誇る会社で、今更説明不要でしょうが、世界最大のコンピューター会社です。
この「マイクロソフト」がWINDOWSを作り上げた事で、世界的にパソコンが普及したと言えるでしょう。

Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版

Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: CD-ROM



つまり、現代社会を作り上げた会社とも言えます。
代表のビル・ゲイツが世界最高のお金持ちになるのも当然ですよね。
無論、それだけの規模の会社が今後傾く可能性は0に限りなく近く、日本支社に関しても、日本国内のコンピューターが普及し続ける限りは安泰です。
この圧倒的地盤と、コンピューター関連事業の将来性が、「マイクロソフト」の1番人気を支えているのでしょう。
狙えるものなら、狙いたい会社です。

Xbox 360 バイオハザード5 プレミアムパック

Xbox 360 バイオハザード5 プレミアムパック

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: Video Game




posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:55 | Comment(0) | マイクロソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業のメリットとデメリット その3

外資系企業のメリットとデメリット その(3)
外資系企業 貿易用語

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)

45分でわかる! 14歳からの世界金融危機 (45 MINUTES SERIES 1)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2009/02/26
  • メディア: 単行本


外資系企業への転職を試みる場合、その将来性について考慮する場合があるでしょう。
外資系企業は、母体が海外にあるため、データ上で将来性を計るしかありません。
実際問題、その国の経済事情と会社が連立しているとも限らないので、将来性を図るにも一苦労するでしょう。
皆さんもご存知の通り、アメリカは金融危機の影響が相当あります。
GM、AIGと国の支援をもらって何とか存続している状態です。
しかし、アメリカは今金融危機が叫ばれていますが、全てのアメリカ企業が金融危機というわけではありません。
つまり、アメリカ系列の保険会社が今は景気がよくないかというと、すべてがそうとは限りません。
その会社の将来性については保証もない代わりに確証もないということになります。
では、結局外資系企業への転職で将来性を有利にするのは無理なのかというと、そうとも限りません。
外資系企業は基本的にグローバルな展開をしており、国内企業よりも受け皿が大きく、将来性を期待できると言えます。
ただその反面、買収も多く、気が付けば吸収合併→部門の削減という形で将来が閉ざされる可能性もあるのです。
結局のところ、外資系であれデメリットは複数存在します。
それを外資系特有のメリットが上回るかどうかに、外資系企業への転職が価値のあるものかどうかが掛かってきます。
現在、外資系企業への転職を希望する若い人達が増えていますが、そういった人たちは、どちらかというとデメリットをあまり考慮せずにメリットを追いかけている傾向にあるような気がします。
デメリットにも目を向けた上で、転職を考えるべきでしょう。

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番!  問題解決力を試す60問

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問

  • 作者: キラン・スリニヴァス
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/09/14
  • メディア: 単行本





posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:45 | Comment(0) | 外資系企業のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業のメリットとデメリット その2

日本初!画期的な英語学習法<   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外資系企業のメリットとデメリット その(2)
外資系企業 貿易用語

外資系企業の持つメリットは、平等であるという点です。
これは年功序列にはじまり、あらゆる格差をつけたがる国内企業とは違い、あくまでビジネスという一点に集中している外資系企業の場合は、能力のみがその格差を生む唯一の要素と言っても過言ではないくらい平等と言えます。
アメリカの企業は特にその傾向が強いようです。
これがどういったメリットとなるかというのは、いうまでもないでしょう。
若手、若年層といった、20代〜30代の人にとっては、大きく有利になります。
国内企業であれば、どれだけ頑張ってもせいぜい係長といったところの年齢ですが、外資系企業の場合、20代で重要ポストに就く事も珍しくありません。
近年はIT産業の分野において20代、30代の社長は珍しくなくなりましたが、これはあくまで一から会社を作っていった過程での事。
転職組にいきなりそういったポストを与えるというのは、IT分野でもそう多くはないでしょう。
では、外資系企業への転職の場合はどうでしょう。
外資系企業への転職組であっても、能力さえあればそこに障害はありません。

外資系企業が欲しい人欲しくない人

外資系企業が欲しい人欲しくない人

  • 作者: ポール ゴールドスミス
  • 出版社/メーカー: メタモル出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


しがらみも少なく、タブーや暗黙の了解といった、日本特有とも言える様々な足枷もほとんどないので、非常に自由です。
これが、外資系企業の持つ最大のメリットでしょう。
外資系企業への転職を目指す人の多くは、そういった社風に惹かれています。
仕事に対して求めるものというのは、賃金以上に職場の環境である事が多いのです。
そして、賃金においても実力主義なので、若くして大金を掴む事も可能。
これがアメリカンドリームと言われる所以です。

なぜ、あなたの英語は上達しないのか?科学的な理由があった!それは...

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:54 | Comment(0) | 外資系企業のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業のメリットとデメリット その1

IT系求人情報なら転職・派遣・アルバイトの「ITワーク」へ    Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外資系企業のメリットとデメリット その(1)
外資系企業 貿易用語

外資系と国内企業との一番の違いは、その国民性や文化の相違にあります。
では、そこから生まれる、外資系企業のメリットとは何なのでしょう。
外資系企業への転職がもたらす長所とは、どういった点と言えるのでしょう。
まず、実績主義、実力主義である点が一番の特色である事は疑いようがありません。
では、これは果たしてメリットなのでしょうか?
結論から言えば、メリットにもなり得るし、デメリットにもなり得ます。

実力主義の賃金・賞与・評価の決め方―実践!中小企業経営を成功させる

実力主義の賃金・賞与・評価の決め方―実践!中小企業経営を成功させる

  • 作者: 菊谷 寛之
  • 出版社/メーカー: 全国労働基準関係団体連合会
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本


実力主義という事は当然実力がある人にはメリットです。
国内企業の場合、年功序列や派閥、コネ、その他様々なしがらみや人間関係が出世や昇給に大きく影響を与えます。
一方、実力主義の外資系企業の場合、シビアに実績で判定が下されます。
若くして重要なポストに就く人の数は、外資系企業と国内企業では比較にならないでしょう。
ただ、デメリットにもなり得ます。
仕事というのは、少なからず自分の力ではどうする事もできない要素もあります。
そんな外的要因によって上手く行かなかった時も、外資系企業ではそれが実力、実績と判断され、マイナス査定となります。
国内企業の場合、そういったケースでは情状酌量の余地あり、とみなされる事もあるでしょう。
よくも悪くも、感情が作用するのが国内企業の特徴です。
外資系企業への転職は、こういった感情を排除しても尚、メリットが強いと判断した人が行うべきです。
逆に言えば、そういった職場が苦手という場合は、外資系企業への転職は向いていないという事になるでしょう。

パソコンを使った求人情報を探すなら「ITワーク」へ。

プログラマーやシステムエンジニアなどの高スキルのお仕事からデータ入力等のお仕事まで幅広く掲載しています。

「ITワーク」では全国の求人情報が職種や勤務地、雇用形態から検索できるだけでなく、

MY履歴書を登録すれば、企業からのスカウトメールを受け取ったり、

気になる求人情報をスクラップしたり出来ます!

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:28 | Comment(0) | 外資系企業のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職の際の面接

外資系企業への転職の際、履歴書を含めた自分への評価が下されるのは、面接です。
面接でどのように振舞うかによって、外資系企業への転職が成功するかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。
外資系企業の場合であっても国内企業の場合であっても、面接は非常に重要です。
ところで、外資系特有の面接基準というものがあるのでしょうか。
答えは、YESです。
外資系企業への転職を考えるならば、外資系企業が欲する人材である事をアピールするような面接を行う必要があるでしょう。
それがそのまま、外資系特有の面接基準という事になります。
例えば、外資系企業においては、コミュニケーションを重視しています。
語学力の有無はもちろん、質問に対する円滑な対応、積極的な意見交換、空気を読んだ発言を行う事が、外資系企業の欲する人材と一致する材料となるでしょう。
この点においては、国内企業とは大きな差があります。
国内企業は実績重視であり、コミュニケーション能力に関してはある程度加味すれど、それ以上の重要視はされません。
学歴が最も重要視されるところも少なくないでしょう。
外資系企業の場合、戦力になるかどうか、コミュニケーション能力によって判断されます。
この点こそが、外資系企業への転職の際の面接の鍵を握ります。
よって、外資系企業の面接の場合、積極的な発言が必要です。
自分の語学力を誇示するくらいの勢いで、とはいえしっかり空気を読み、ある程度過剰なくらいのアピールを行う事が望ましいでしょう。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 外資系企業の面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職の際の履歴書

外資系企業への転職に限った事ではありませんが、転職、就職の際には履歴書が重要となってきます。
面接の時間だけで、その人の人間性を見ることはある程度ならば可能ですが、その背景、そして実績や実力をすべて見るのは無理です。
そこで、履歴書が重要視されるのです。
外資系企業への転職の際に作成する履歴書は、どういった点を重視されるのでしょう。
新卒であれば、やはり英語力が重視されます。
TOEICなどは最初に目を通されるでしょう。
もちろん、転職組であっても、語学力重視である事には変わりはありません。
しかし、転職組の場合は、それとほぼ同じくらい重要視される点があります。
それは、実績と志望動機です。
やはり、それまでのどの会社に勤めていて、どのようなポストを任されていたかという点は非常に重要です。
それでその人の能力を見る、というのも、面接の一つの顔ですから。
とはいえ、実績については工夫の仕様がないですよね。
ありのままに書くだけですから、重要視される点とはいえ、どうしようもありません。
問題なのは、志望動機のほうです。
志望動機が何故重要視されているのかというと、端的に言えばやる気をみるという点です。
常套句をつないだだけのもの、もっと酷い場合はインターネット上の例文をコピペしたような文章であれば、面接官もすぐにピンと来ます。
外資系企業への転職を考える人ならば、最低限のやる気はあるでしょう。
しかし、転職している以上、そのやる気、意欲に疑問符を打たれるのは当然の事といえます。
やる気を内に秘めるのではなく、志望動機にぶつけなければ、成功する事は難しいのです。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 転職する際の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職に必要な語学力

外資系企業への転職を試みる多くの方は、語学力に自信を持っているのではないでしょうか。
語学力は、外資系企業への転職、就職には必須の能力。
この能力無くして、外資系企業への転職はありえません。
その中で、外資系企業に携わる上で、どれだけの語学力が必要なのでしょう。
語学力の定義は、英検やTOEICによって行われます。
つまり、これらの点数、スコアが高いほど、語学力が優れているという判断がなされると考えて良いでしょう。
もちろん、絶対的な自信がある場合は、面接の場でその語学力を披露するというのもアリかもしれません。
国内の企業のような、公的評価絶対視という風潮は外資系企業にはないからです。
とはいえ、TOEICのスコアが面接に大きく加味されるのも事実です。
語学力を誇示するならば、TOEICでハイスコアを取っておくのが最も好ましいでしょう。
では、外資系企業への転職に有利となるTOEICのスコアは大体どのくらいなのでしょう。
インターン(研修生)の場合は、600点程度でも問題はないでしょう。
しかし即戦力として期待される転職組の場合は、750点以上、できれば800点くらいの点数が望ましいとされています。
700点以下の場合は、評価されないと考えてください。
それくらい、外資系企業の語学力というのは非常に高いレベルを要求されます。
ネイティブ相手に日常会話、ビジネスの交渉をしていく訳ですから、当然と言えば当然なのですが、やはり狭き門、高き壁なのです。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 転職に必要な語学力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。