総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

ビジネスマナーの重要性

外資系企業 ビジネスマナー
ビジネスマナーの重要性
ビジネスマナー1.jpg


近年、マナーが軽視されている傾向が強まってきています。
元々、マナーというのは社会にでる前にしっかり身につけるものという考えが当たり前だったのですが、最近はそうでもないようで、あまりにも礼儀知らずな若い人達が増えています。
これはインターネットの弊害と言ってもいいかもしれません。
ここ10年ほど、インターネット上でのマナーは最悪な状態が続いています。特に最近では、特定の掲示板、特定のサイトのみではなく、あらゆるサイトで傍若無人な言動を行う人達が急増しています。
また、学校でのいじめに「裏サイトでの中傷」という大きな項目が加わりました。学校の生徒や教師を名指しで中傷するような行為が頻繁に見られるのです。日本における若年同の礼儀作法というものは、地に堕ちた状態といわざるをえません。ですが、社会人となると、そうも言っていられません。
横柄な態度や言葉遣いをすれば、仕事はなくなります。
就職難のこの時代、そのような事で世間を渡っていけるほど、今の社会は甘くありません。
いつまでも若い時のようにはいかないということです。
そういう事もあり、現在至る所でビジネスマナーの重要性について説かれています。
ビジネスマナーをしっかり学ぶ事で、他と差をつけようという事です。
本来は身についていて当たり前の物で差をつけるというのもむなしい事ではありますが、現実として有効である以上は利用すべきです。
すこしでも就職に有利なものを身につけたいという人。
常識ある大人となって、仕事をこなしたいという人。

一刻も早く出世して、お金を稼ぎ地位と名誉を築きたいという人。
そういう人は、社会に出る前からビジネスマナーを完備させておきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 13:52 | Comment(0) | ビジネスマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸入 貿易とは

外資系企業 貿易
輸入 貿易とは
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/article/114782551.html
横浜開港.jpg

貿易と聞いて皆さんはどんなことを連想しますか?貿易とは何でしょうか。
普段使わない用語ですし、たまにニュースで聞くくらいの用語ですと、なんとなくわかっていても言葉で説明できず、いまいちピンとこないですよね。
貿易とは国と国の取引、つまり商品を売買することを言います。日本の中での取引は国内取引といいますよね。
例えば北海道の商品を沖縄と売買するのは貿易とは言わないですよね。
私たち日本人は食材をはじめ、輸入に頼っています。在は主に売買を行っている国はアメリカや中国になります。
アメリカや中国には非常にお世話になっているのが現状です。なぜ輸入に頼るのかと言いますと、例えば日本で商品を買うより、大量生産され、かつ価格が海外の方が安い場合、経費や運賃などは日本ということになります。
それぞれの得意とする商品がその国で大量生産されると、日本よりも原産国などの方が安いので輸入するのです。
私たちもお買い物をするときに、少しでも安い場所を見つけて一番安い場所で買い物をするなど、同じ商品であればやはり値段は高いよりも安い方を選ぶ方が多いですよね。
そういった考え方と似ているような気がしますね。
国同士の取引でも赤字などにならないよう、少しでも安くたくさん商品が手に入れるために輸入と輸出が行われるのです。
貿易と言っても基本的には輸入と輸出の取引をいいますが、貿易の中でもたくさんの種類があるようです。
これから紹介していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【GLAMOROUS】公式ショッピングサイトOPEN!!


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:32 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職に有利な職業

外資系企業
転職に有利な職業

ビル.jpg

転職には、それまで仕事をしてきた職種というのが大きく関わってきます。それは、転職を希望する側もそうですし、雇う側もそうです。
転職する意義は人それぞれですが、転職先でできるだけ早くしっかりした仕事ができるに越した事は無いですよね。もし転職前の職種のスキル、知識、経験が生かされるようなら、それは相当有利と言えます。
そして、雇用側にしても、そういった実績を加味するからこそ、転職者を雇用するメリットが生れると言えます。つまり、転職には前の職業が大きな意味を持ってくるというわけです。では、どういった職業が転職に向いているのでしょう。もちろん、それは転職先の業種によりけりと言えます。
ですが、だからと言って、転職に有利な職業、不利な職業が無いというわけではありません。どのような転職先にでも有利な職業もあります。それは、営業や経理といったお仕事です。
例えば、ITを基盤とした外資系企業への転職を試みるとします。
外資系企業への転職の場合、能力重視です。同時に、外資系企業特有の仕事に対する情熱や積極性が大きく評価されます。
もし、営業経験があれば、面接の時点で積極性をアピールしやすいでしょう。営業というのは、積極性が無ければ成立しない仕事ですから。
不特定多数の顧客に対して商品を購入してもらう為には、積極性と根気、情熱が必須。それは、外資系企業の社風と強く結び付きます。
外資系企業への転職の場合、営業経験は大きな武器となる事でしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

IT系求人情報なら転職・派遣・アルバイトの「ITワーク」へ
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 13:04 | Comment(0) | 転職に有利な職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職に有利な年齢、不利な年齢

外資系企業
転職に有利な年齢、不利な年齢

自分の仕事史.jpg


外資系企業への転職は、通常の就職とは訳が違います。
具体的には、まだ真っ白な人材と、既に何らかの色に染まった人材という差です。
特に、ある程度年齢を重ねている人の場合は、色も相当濃くなっているという事になります。
はっきりと言ってしまえば、転職の場合は年齢を重ねていれば重ねている分だけ不利、と考えてください。
もちろん、以前の職種で培ったキャリアを生かせる仕事の場合であれば、年齢が必ずしも不利に働くとは限りません。
例えば、人を使う仕事の募集をしている場合は、何らかの分野でそういった立場で長年仕事をしてきたベテランの方を招集するという方針でいることもあり、そういった場合は年齢を重ねていても不利にはならないでしょう。
しかし、これはあくまで特殊なケースといえます。
転職する場合、もし若い人であれば、それほどキャリアについては言及されません。
むしろ、経験を積みすぎていないからこそ、企業の色に染め直しやすいという点もあり、キャリアの浅い人のほうが有利に働くケースも多々あります。
そういう点からも、年齢が若い方が有利と言えます。
何よりそれを証明するかのように、転職に関しては、年齢制限を設けている募集がほとんどです。
多くの会社が転職支援サイトなどに求人募集を出していますが、ほとんどは30代、40代までの募集です。
中には20代というところも結構あります。
一方、年齢をそれ程加味しない転職先もあります。
外資系企業への転職の場合、それに該当するケースが多いようです。
外資系企業への転職は、多くの募集が年齢制限を設けていないか、かなりワイドな設定にしています。
転職に有利な年齢、不利な年齢があまり関係ない、珍しい例と言えます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 15:11 | Comment(0) | 転職の年齢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス英語の性的中立用語

外資系企業 ビジネス英語
ビジネス英語の性的中立用語

男女平等.jpg
日本でも男女平等雇用に重点がおかれ、どんどん能力のある女性の活躍が目立っています。ビジネスにおいてきめ細かさ、男性では気がつかない直感力などで大きな成果を上げる事ができます。
男女差別する様な企業は世間からも遅れ、収益も上がる会社だとはとても思えません。
又、同様に個人的にも男女差別する様な人は自身が能力も無く、成長なんてほど遠い事でしょう。

グローバル化が進む中でビジネス英語も使用する機会が増えていますが、日本同様に「性差別のない表現」をする必要があり、気をつけなければなりません。

ビジネス英語を使う、eメールやビジネスレターを書く場合もうっかり「性差別表現」を使用して相手を傷つけない様にしなければなりません。
これは世界共通の倫理なのです。
常日頃から意識し、習慣付けることで性的に「中立な」言葉を使用できる様になる為、注意しましょう。

性別中立的な用語
(Gender Specific Gender Neutral)

■議長 「chairman」⇒「chairperson」
■消防士 「fireman」⇒「firefighter」
■職長 「foreman」⇒「supervisor」
■記者 「newsman」⇒「Journalist」
■整備士 「repairman」⇒「service technician」
■営業員「salesman」⇒「sales representative」
■スポークスマン 「spokesman」⇒「spokesperson」
■スチュワーデス「stewardess」⇒「flight attendant」


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【ECC】今ならFP3級の無料受講特典を実施中!
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:57 | Comment(0) | 転職の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだわりはこの際、捨てましょう

外資系企業 リストラ対策
こだわりはこの際、捨てましょう

自分の会社でもリストラが始まった、自分なりに業績を見直してみたり対策は取ってきたがいよいよ肩を叩かれることになってしまった・・・
長く勤め、尽くしてきた会社のリストラにあってしまうと、始めはショックで落ち込み、次第に自分のこれまでの人生が否定されてしまったような感覚に陥ってしまう人もいるようです。
s-aDSC_0490.jpg
なんとか再就職しようと転職活動を開始してみたものの、あまりの厳しさに再就職への意気込みも一気に冷めてしまった、これでは沈む一方ですよね。
確かにその通りで、この不景気のなか、雇用状況は悪化するばかりで特に中高年ともなると就職口がまったく見つからない、という声も聞かれます。

しかしよくよく聞いてみると、仕事がない、のではなく自分の希望する条件に合った仕事が見つからない、というケースが少なくないようです。
例えば、今までもらっていた給料に近い額がもらえないと嫌だ、とか自分にはこのような仕事しかできない、などのこだわりや思い込みです。
このようなこだわりや思い込みが、就職口の選択肢を狭めているのではないでしょうか。
再就職する場合は、よほど飛びぬけた特技やキャリアでもない限り、今までよりもよい条件で働けるところは見つからないものです。
かつてないほどの不況の中、それは当たり前のこととなっています。

この不況への対策を考える上で、これまではどうだったなどというこだわりは捨ててしまった方がよいでしょう。
不景気の波がサラリーマンの生活を直撃している今、「これまで並の生活が確保できなきゃやってられない」などと言っていると、ますます不況にあおられてしまいます。
とにかく、生活していくためにお金を稼がなくてはならないのですから、条件に妥協も必要なのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:57 | Comment(0) | リストラ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webクリエイター能力認定試験

外資系企業 資格webクリエイター能力認定試験
Webクリエイター能力認定試験


クリエイターと付く資格を持っていると、今の時代の先端を走る仕事を行なっているような雰囲気がありませんか?
実際に、Webクリエイター能力認定試験の資格は、2001年に開始された比較的新しい資格です。
サーティファイ認定試験事務局が主催する民間資格となっています。

この認定試験では、Webページを製作するためのHTMLファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン、Webサイトを構築する技術が試されます。
ちなみにコーディングとは、プログラム用語を用いてプログラムを作成することです。
試験は初級と上級の2つに分かれていて、どの級からでも受験でき、受験資格も特に制限はありません。

初級で求められるのは、ツールを使用せずに標準的なWebページを作成し、仕様書に基づいて素材やテキストをレイアウトし、見た目の良さだけでなく操作もしやすいWebサイトを作る能力です。
上級で取り上げられる問題にはフォームの定義、フレームの認定、オブジェクトの埋め込み問題などがあり、クライアントの意図を理解し、いかに快適なWebサイトを作り上げられるかが試されます。
いずれの級も、HTMLについての知識を整理し、実践に役立つ技術を確認するような出題内容となっています。

Webクリエイターとしての就職先は、Web制作会社やデザイン関係の事務所、またスクールのインストラクターとして働いている人もいます。
資格がなくてもWebクリエイターとして就職している人もいますが、実践的なスキルアップのために資格取得を目指す人、いずれフリーで仕事をしていきたいという人も取得を目指しています。
スクールに通い講座を受講する学習方法が堅実ですが、中にはテキストや過去問題集を使って独学で合格する人もいます。

この他、クリエイター系の資格には、Photoshopクリエイター能力認定試験や、Illustratorクリエイター能力認定試験もあります。

通信教育講座E-LifeStudy


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。