総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

小豆、コーヒー

外資系企業 貿易用語 商品先物取引
小豆、コーヒー

小豆は、商品先物取引の中では結構異質な存在と言えるかもしれません。というのも、小豆の供給は国内が中心だからです。
国産小豆の生産の中心は北海道なので、北海道の状況をしっかり把握する必要があります。
北海道在住の方にとっては馴染みも深いため、運用しやすい銘柄と言えるかもしれませんね。
小豆の主な需要は、餡ですね。和菓子に使用する餡を作る際に使用します。
その為、スイーツが流行っている今、小豆は優良銘柄……と思っている方もおられるかもしれません。ただ、実際には小豆の需要はやや減少傾向にあります。
やはり、景気というものが影響しているようですね。
和菓子のような日常生活の中に密着とまではいかない食品は、景気の影響を非常に強く受けます。
その為、商品先物取引における小豆は、必ずしも安定はしません。
ここ10年の動きを見ても、激しい上下動を繰り返しています。
コーヒーに関しては、2種類存在しています。「アラビカコーヒー」「ロブスタコーヒー」です。
アラビカは主にレギュラーコーヒーとして使われるので、スターバックスをはじめとするコーヒー専門店などで使用されることが多いですね。
一方のロブスタコーヒーはインスタントコーヒー、缶コーヒーなどに使用されます。
コーヒーは商品先物取引の中では、比較的安定した商品ですが、特にロブスタコーヒーに関しては、非常に安定感があります。やはり、缶コーヒーの消費が多い現代社会の特徴が反映されているのでしょう。ただ、どちらのコーヒーもアメリカが最も需要が高いので、アメリカの経済に左右される事もあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 証券会社の選び方【手数料編】株式投資 証券会社の選び方【情報サービス編】株式投資 証券会社の選び方【サポート編】株式投資 証券会社の選び方【セキュリティ編】 株式投資 証券会社の主な種類株式投資 実際に株を買う



posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 21:48 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易の支払い方法

外資系企業 貿易用語
貿易の支払い方法

貿易業務は海外との取引になります。国内取引でもそうですが、必ず金銭の支払いが発生します。
そこで、貿易用語のカテゴリの一つとして支払い関連の用語について少し触れて見たいと思います。私たちの身近なところでまず考えてみましょう。
例えば通信販売で何かを注文したとします。注文した品物はいくつか支払い方法が選択できるようになっており、その中から自分にとって便利な支払い方法を選択し、数日後商品が届きます。支払いを済ませ、一連の流れは終了ですね。
では、着払いシステムというのは経験したことはありますか?着払いとは荷物が届いたときに配達業者に配送料金を支払うことで、取引が終了となるシステムをいいますよね。
誰かに荷物を送るときには滅多に着払いは利用しないかもしれませんが、例えば間違った商品が届いて返品をしたいときや、製品に不良があって交換したい場合には相手側に落ち度がありますので、相手側に送料も負担してもらうために着払いシステムを利用することはあるかもしれませんね。
貿易にも着払いがあります。
英語表記ではFreight Collectと書きます。
これは貿易業務だからといって特別なことは特にないようなので、私たちが想像している着払いシステムを想像すれば良いかと思います。
みなさんはどのような時に着払いシステムを利用しますか?特に必要性がなければわざわざ利用する必要は無いかもしれませんが、貿易にも着払いがあるということは知識として知っておいてもいいですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 クロス取引FX取引 用語 機会損失FX取引 用語 先物取引
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:27 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケアプラン

外資系企業 貿易用語介 護資格取得
ケアプラン

ケアマネージャーとしての介護資格取得は、高齢者が自立した生活を過ごすための援助を行い、高齢化社会である日本においては大きな意義があります。
ケアマネージャーとしての仕事の1つにケアプラン作成があります。
ケアプランとは介護保険でのサービスを受ける時に作るサービス利用のための計画書です。
要支援1・2の人に対しては、介護予防のためのケアプランを作成し、要介護1〜5に認定された人には、介護サービスに対するケアプランを作成します。
要介護の施設サービス利用の際は、施設のケアマネージャーケアプランを作成します。
在宅での介護サービス利用の際には、居宅サービス計画作成依頼届出書を市町村の介護保険担当課に提出します。
この居宅サービス計画がケアプランです。

ケアプランを作るためには、ケアマネージャーは利用者本人、利用者の家族との充分な相談が必要です。
ケアプラン作成に関する利用料は、利用者が負担を理由に、ケアプラン作成しないことを防止するために、サービス利用者に負担はありません。
そして、どのサービスを何のためにどのくらい利用するのかを考えてケアプランを作っていきます。
例えば、週何回ホームヘルパーに来てもらう、訪問リハビリを利用する、デイケアに行く、などの計画を立てていきます。
そのケアプランに基づき、実際のサービスを利用します。
サービスを利用して不都合な点が出てきた場合は、利用者の状態や希望に沿ってケアプランを見直すことができます。
ケアマネージャーは、高齢者の生活を支える立場であって、決して主導者でないことを自覚して、仕事を行うことが大切です。
ケアプランは、利用者の生活や心身状態を維持、回復させるように考えることが重要なのです。
ケアマネージャーの介護資格取得した後は、利用者のことをしっかりと考えたケアプラン作成を行ってください。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:01 | Comment(0) | 転職に有利な職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引で扱う商品

外資系企業 貿易用語 商品先物取引
商品先物取引で扱う商品

商品先物取引では、農作物や鉱工業材料を商品としています。
これらを取り扱っている金融取引というのはまずないので、特に金などで取引したいという方は、この商品先物取引を利用する事になります。
商品先物取引そのものはまだメジャーではないですが、金や銀を取引に使用するという取引は割と有名なので、現在も注目が徐々に集まっているところです。
では、その商品先物取引における取扱商品を具体的に見ていきましょう。
まずは農作物からです。
有名どころでは、小豆、トウモロコシ、一般大豆、鶏卵といったところです。この他にも、コーヒーやブロイラーなどもあります。
問題はです。
は、現在日本においては取引がなされていません。
しかし、今の所東京穀物商品取引所を中心に、米取引を再開使用という動きが見られます。もしかしたら、近い将来米での取引が可能となるかもしれません。
次は鉱工業材料です。
前述した金を始め、銀、プラチナ、ガソリン、原油、灯油、アルミニウムなどが挙げられます。
金属は非常に数多くの種類がある一方、取り扱われている物はごくわずかという印象です。
商品先物取引が今ひとつメジャーになれない理由として、商品の種類の少なさが挙げられます。
上場している銘柄の数は、数十種類程度です。
さらに、日本の会社が取り扱う銘柄となると、かなり少ないのが現状です。
大体15〜20くらいの銘柄の中から取引する物を決める事になるでしょう。その中から決める事になるので、自ずと人気は偏ってきます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:28 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易に関する書面(衛生面)

外資系企業 貿易用語
貿易に関する書面(衛生面)


今は衛生面での気の使い方が問われています。
代表的なのは食品。食品に関しては衛生面に気を配ることは今に始まったことではなく、当然のことなのですが最近は食の問題が急増している中、企業に対する質や衛生面での配慮も消費者は注目をしていますよね。
貿易用語の中で衛生という用語を使用した書面があります。
海外と貿易を行うにあたり、衛生証明書という書面が必要になる場合があります。
それは食品や化粧品など、特に衛生面に気をつけなければならない商品の取引を行う際に必要とされる書面です。
どういったことが書いてある書面なのか。
内容としては生産するときに基準と言うものがそれぞれあるのはご存知だと思いますが、生産や出荷する際にそれぞれの基準をクリアしたという旨の内容が記載されていること。
または無害であるとか、無菌であるといったことが記載されていることの書面です。
衛生面に気を使わなければならない商品の際は単純に輸入や輸出のやり取りを行うのではなく、きちんとこういった証明できるような書面も取引するということなのですね。
皆さんはいかがですか?例えばお買い物をする際にはわざわざ書面を交わして購入などしませんが、例えば商品自体に衛生面でクリアしました、ですとか安全、害がないなど記載されているものと、そうでないものが仮にあったとしたら、きちんと記載されているほうを選びませんか?ちょっと例えとしては違うかもしれませんが、きちんと貿易取引の際にもこういった書面があると言うことですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:18 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中継貿易

外資系企業 貿易用語
中継貿易

中継貿易という用語を聞いたことがありますか?中継貿易という用語を聞いてどんなイメージを持つでしょうか。
中継貿易とは「ちゅうけいぼうえき」もしくは「なかつぎぼうえき」とも言いますし、間接貿易とよぶこともあるそうです。中継貿易貿易形態のうちの一つなのですが、いったいどういうことを中継貿易というのでしょうか。
中継と聞くとテレビ中継ですとか、私たちの身近な中継といえばそのようなものしか浮かばないですよね。
中継貿易とは一つの国があったとして、その一つの国周辺の他国との取引をするのが中継貿易というそうです。
どんなことをするのかというと、他の国から原材料を輸入してその輸入した原材料で作られた産物をさらにまた違う国に輸出をするといった仕組みを言うそうです。
目が回るような貿易形態ですが、例えば日本がアメリカから仕入れた原材料を生産し、アメリカに輸出するのではなく、他の国に輸出するということですよね。
ですので、日本は中継の役目をしたということです。
なので、中継貿易と呼ぶのでしょう。簡単にいうと、他国から輸入した商材を他の国に輸出するということですね。
中継貿易が利用されるのは、政治の関係で直接その国同士のやり取りが困難という場合に双方の国とのやり取りに問題ない国が中継として入り、取引のお手伝いをするということのようですね。
またはメリットとして中継する国を間に入れたほうが、関税が安くなるということもあるようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:54 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引会社の選び方

外資系企業 貿易用語 商品先物取引
商品先物取引会社の選び方

商品先物取引を行っている会社は、まだFXや株の証券会社ほどは多くありません。その為、選択肢は自ずと限られていきます。
とはいえ、それでどの会社でも同じ、というわけではありません。
それぞれに特徴があり、良い所、悪い所があります。
では、実際にはどういった基準で商品先物取引会社を選べばいいのでしょう。
まず特徴として、商品先物取引会社というのは、まだ普及していない状況なので、システムが他の金融取引の証券会社ほど安定していない点が挙げられます。オンラインサービスにしても、あまり充実しているとはいえません。
よって、システムが出来るだけ安定しているところが好ましいですね。
例えば、サーバーが極端に弱いところは、少しでも注文が殺到するとすぐに繋がらなくなります。
これは金融取引としては致命的です。取引はタイミングが命で、それを逃すと大損してしまったり、せっかくの利益機会をなくしてしまったりする恐れがあるのです。
システムが安定しないと、このタイミングを掴み損ねる可能性が高いです。
株やFXの証券会社の場合は、まず手数料などのコスト面を重視する事になりますが、商品先物取引会社に関しては、システム、経営の安定が重要です。
システムは前述の通りですが、経営状態も非常に重要です。
というのも、まだ小さな会社が多いので、油断していると会社が倒産などという事もありえます。そうなると、口座に入れていたお金が全てなくなってしまう、ということにもなりかねません。
十分注意しましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:43 | Comment(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解雇が認められる合理的な理由とは?

外資系企業 貿易用語 リストラ対策
解雇が認められる合理的な理由とは?

この不況の世の中、毎日を不安で過ごしている人は少なくないでしょう。
身近な会社でのリストラの話も耳に入ってきますし、近所のご主人が会社をクビになったという話も珍しくなくなってきました。
突然のリストラだなんて、いくら不景気だとは言え「はい、わかりました」と簡単に受け入れるわけにはいきませんよね。
自分の身にもいつ降りかかってくるかわからないリストラに備えて、対策を立てておく必要があるでしょう。

まず会社が社員を解雇するには、社会常識から見てもっともだと言えるような合理的な理由が必要となります。
つまり一方的に解雇されるということは認められていないのです。
合理的な理由とは、社員の側に何か非がある場合(普通解雇、懲戒解雇)と経営不振による人員整理の場合(整理解雇)とがあります。
リストラによる解雇は整理解雇にあたるのですが、この整理解雇を合理的な理由で行なうにはいくつかの要件を満たさなくてはいけません。
リストラと戦う対策として、この要件を把握しておきましょう。

●人員削減の必要性がある。
会社を存続させるためには、人員整理をするしか方法がないという状況なのか。
●解雇を回避するための努力をしている。
新規採用を中止したり、希望退職を募る、などの努力をしたのか。
●解雇される対象者の選定基準が合理的である。
●妥当な解雇手続きが行なわれている。
労働組合や社員に対して、解雇の必要性などについて誠意を持って説明ができているか。

これらの要件を把握した上で、納得がいかないことがあれば労働基準監督署に不服申し立てを行ないましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | リストラ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞きなれない貿易用語

外資系企業 貿易用語
聞きなれない貿易用語

貿易の形態として、直接貿易と間接貿易があるということですが、実は形態は色々あり、聞き慣れない用語もたくさん登場します。貿易に関するお仕事の方は専門用語にも詳しいのでしょうが、貿易になじみのない人にとっては難しいのが本音です。では次に登場する用語は委託加工貿易というのがあります。
なんだか聞いただけでピンとこない、難しい感じがしますね。
順委託加工貿易とは委託加工契約というのがあるのですが、その順委託加工契約に基づいて行われる取引となります。
まずは海外から原料を輸入します。
その輸入した原料を契約に従って国内で加工をします。
加工したものを海外に輸出するというしくみです。
またはその逆もあります。
国内の原料を海外に送ったものを海外で加工し、輸入するということもあります。
国内で生産された原料を国内で加工して海外に輸出するということではなく、原料は海外から仕入れ、国内で加工したものを商材として海外に出すという形態であるため原材料は安い海外から仕入れて日本で加工し、きちんとした商材になったところで海外へ送り出すというとわかりやすいかもしれませんが、国内で高い原材料で商材をつくるよりもコストがかからないのでしょうね。
お洋服でいえば生地は安い国から仕入れて、日本で縫製をすればしっかりした商品ができあがるのでその商品を海外へ輸出し、取引をするといったところでしょうか。
なるべくコストはかけたくないというのがほんとうのところかもしれませんね。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:59 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直接貿易と間接貿易

外資系企業 貿易用語
直接貿易と間接貿易

貿易には種類があります。
まずは直接貿易という用語があるのはご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
略して直貿と言ったりもしますが、直接貿易とは輸入車と輸出者が直接貿易をすることをいいます。
仲介者を経由しないやり方です。字を読むと知らない方でもなんとなくイメージはつくかと思います。
そしてもう一つは、間接貿易という用語があります。
これは略して間貿といいますが間接貿易とは直接貿易と違って、仲介者をとおして貿易を行うことをいいます。
間接貿易も字を読めばイメージがつきますよね。
それぞれ特徴がちがいますが、直接貿易の詳細としては間接貿易で間に入る仲介を自分で行うので自分が取引先である海外に交渉をしにいき、契約まで自分で行うというのが直接貿易の内容になります。
ですので、貿易で発生するリスクやメリットも全て自分に返ってくるのです。
直接交渉や契約を結ぶという点では大きなリスクも同時に背負うわけですが、仲介者がはいらないことによって、市場のニーズや状況などをすぐにキャッチできるという利点はあるようです。
自分の感触や目で確かめられると言うことですね。
関節貿易の内容としては仲介者が入りますので、直接貿易と違ってリスクが少ないと言えるようです。
負担は仲介者にいくわけですからね。
ですから商品の開発や本来の自分の事業に専念できるというメリットは間接貿易にはあるようですね。
どちらが良いかは自分次第ですが、それぞれのメリットなど把握した上での取引をすると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 16:03 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の定義

就職転職 資格 起業SOHO【仕事の細道】
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/
ビジネスマナーの重要性

02-060829-01.jpg
外資系企業に転職:外資系企業の定義
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ






posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:13 | Comment(0) | 外資系企業の定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイホームの夢

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
マイホーム 購入 【マイホームの夢】

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 07:51 | Comment(0) | マイホーム購入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の特色 入社編

就職転職 資格 起業SOHO【仕事の細道】
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/
救急救命士 求人と給料


ノートパソコン3.jpg
外資系企業の特色 入社編
【記事詳細】



posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:46 | Comment(0) | 外資系企業の特色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け


外資系企業の定義
【明細記事】
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:36 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。