総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業の定義

外資系企業に転職
外資系企業の定義

転職希望者に大人気の外資系企業。
外資系企業への転職を望む声は多く、外資系企業への転職というのは一つの憧れとして、若い人を中心に希望者が数多くいます。
そんな外資系企業への転職を考える前に、まず一つ確認しておく事があります。
外資系企業とは、具体的にどのような企業を指すのでしょうか。
外資系企業、とはよく聞くものの、その定義まではイマイチ把握していない、という方が多いようです。
実際、あまり定義について触れるような事もないというのが実情で、外資系企業が紹介されている場合も、「ここが外資系企業」という以上の説明があまりないケースが多いですね。
外資系企業の定義としては、日本に現地法人を持っていて、尚且つ外国の会社が一定以上の株式を持っている企業、というところです。
つまり、日本にありながら、海外の会社が株式を所持しているところが外資系企業という事になります。
問題はその株式の割合ですが、株式比率の割合が何%で外資系会社と呼ばれる、といった定義はありません。
よって、海外の会社が株を持っている企業は外資系企業というのが定義となっています。
とはいえ、極端な話ですが、株式の1%しか海外の介入が無い場合、その企業に海外特有の方針や社風が現れる可能性は皆無です。
それでも外資系企業というべきかどうかは疑問といえるでしょう。
ですので、外資系企業の実質的定義としては、海外の会社からの介入によって、海外の影響下にある企業、というのが正しいと言えるでしょう。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 外資系企業の定義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。