総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業の特色 人間関係編その1

外資系企業への転職で一番多い志望理由は、人間関係に関する点かもしれません。
職場で一番悩む点は、人間関係です。
職場に行くたびにストレスが溜まる。
特定の人間とどうしても合わず、でも顔を合わせなくてはならないので億劫。
いじめにあっている。
不条理、理不尽な要求を上司からされる。
このような人間関係に起因するトラブルやストレスは、社会人なら少なからず誰でも持っているのではないでしょうか。
ただ、あまりにその程度が酷い場合、環境を変えたいと思うのは至極当然の事です。
そこで白羽の矢が立つのが、外資系企業への転職という訳です。
外資系企業には、人間関係がギスギスしていないイメージがありますよね。
そのイメージを頼りに、外資系企業への転職を希望する方が多いようです。
では、実際はどうなのでしょう。
外資系企業は、人間関係で悩む事の無い、夢のような環境の職場なのでしょうか。
結論からいうと、夢のような職場でもなければ、人間関係で悩む事が皆無、という事もありません。
人間が集う職場というのは、多かれ少なかれ人間関係が発生するわけで、そこに悩みを生み出すのは人それぞれの部分も多く、一概に悩む事が無いと断言する事はできません。
しかし、日本の企業と比較した場合、人間関係で悩む人のパーセンテージが少なくなるのは、恐らく間違いないでしょう。
つまり、人間関係で悩む事が少なくなる、あるいはなくなるといった効果は、確かに期待できるという事です。
確実ではないにしろ、その可能性を期待する価値は十分あります。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 外資系企業の特色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。