総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業への転職の際の履歴書

外資系企業への転職に限った事ではありませんが、転職、就職の際には履歴書が重要となってきます。
面接の時間だけで、その人の人間性を見ることはある程度ならば可能ですが、その背景、そして実績や実力をすべて見るのは無理です。
そこで、履歴書が重要視されるのです。
外資系企業への転職の際に作成する履歴書は、どういった点を重視されるのでしょう。
新卒であれば、やはり英語力が重視されます。
TOEICなどは最初に目を通されるでしょう。
もちろん、転職組であっても、語学力重視である事には変わりはありません。
しかし、転職組の場合は、それとほぼ同じくらい重要視される点があります。
それは、実績と志望動機です。
やはり、それまでのどの会社に勤めていて、どのようなポストを任されていたかという点は非常に重要です。
それでその人の能力を見る、というのも、面接の一つの顔ですから。
とはいえ、実績については工夫の仕様がないですよね。
ありのままに書くだけですから、重要視される点とはいえ、どうしようもありません。
問題なのは、志望動機のほうです。
志望動機が何故重要視されているのかというと、端的に言えばやる気をみるという点です。
常套句をつないだだけのもの、もっと酷い場合はインターネット上の例文をコピペしたような文章であれば、面接官もすぐにピンと来ます。
外資系企業への転職を考える人ならば、最低限のやる気はあるでしょう。
しかし、転職している以上、そのやる気、意欲に疑問符を打たれるのは当然の事といえます。
やる気を内に秘めるのではなく、志望動機にぶつけなければ、成功する事は難しいのです。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 転職する際の履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。