総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業のメリットとデメリット その2

日本初!画期的な英語学習法<   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外資系企業のメリットとデメリット その(2)
外資系企業 貿易用語

外資系企業の持つメリットは、平等であるという点です。
これは年功序列にはじまり、あらゆる格差をつけたがる国内企業とは違い、あくまでビジネスという一点に集中している外資系企業の場合は、能力のみがその格差を生む唯一の要素と言っても過言ではないくらい平等と言えます。
アメリカの企業は特にその傾向が強いようです。
これがどういったメリットとなるかというのは、いうまでもないでしょう。
若手、若年層といった、20代〜30代の人にとっては、大きく有利になります。
国内企業であれば、どれだけ頑張ってもせいぜい係長といったところの年齢ですが、外資系企業の場合、20代で重要ポストに就く事も珍しくありません。
近年はIT産業の分野において20代、30代の社長は珍しくなくなりましたが、これはあくまで一から会社を作っていった過程での事。
転職組にいきなりそういったポストを与えるというのは、IT分野でもそう多くはないでしょう。
では、外資系企業への転職の場合はどうでしょう。
外資系企業への転職組であっても、能力さえあればそこに障害はありません。

外資系企業が欲しい人欲しくない人

外資系企業が欲しい人欲しくない人

  • 作者: ポール ゴールドスミス
  • 出版社/メーカー: メタモル出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


しがらみも少なく、タブーや暗黙の了解といった、日本特有とも言える様々な足枷もほとんどないので、非常に自由です。
これが、外資系企業の持つ最大のメリットでしょう。
外資系企業への転職を目指す人の多くは、そういった社風に惹かれています。
仕事に対して求めるものというのは、賃金以上に職場の環境である事が多いのです。
そして、賃金においても実力主義なので、若くして大金を掴む事も可能。
これがアメリカンドリームと言われる所以です。

なぜ、あなたの英語は上達しないのか?科学的な理由があった!それは...

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:54 | Comment(0) | 外資系企業のメリットとデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。