総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

貿易と輸送問題

面倒なご来店手続きは一切不要!オンライン入会はコミューカ・カーシェリングだけ
貿易と輸送問題
外資系企業 貿易用語

貿易ビジネスの基本と常識

貿易ビジネスの基本と常識

  • 作者: 大須賀 祐
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スペースチャーターという用語を聞いたことはありますか?
スペースチャーター便などという用語で耳にしたことがあるかもしれませんね。貿易業務では先ほど輸送サービスについての貿易用語もたくさんあるとお伝えしました。
輸送にかかるコストを削減するために通常は貨物がいっぱいになった時点で輸送するというのが普通であるようですが、そうなるとデメリットとして納期の問題や、場所の確保にかかるコストが発生してしまうなどの問題があったそうです。
ですが、スペースチャーターというのは空間を分割して輸送することをいうシステムだそうで、貨物にあった空間を必要分だけ確保して輸送にいたるというこのスペースチャーターは、コスト削減には大きく役立つのだそうです。
わかりやすく考えてみると、トラックが一台あるとして、本来であれば輸送などに関わるコスト削減のためにトラックがいっぱいにならないうちに運んでしまってはいっぱいになってから運ぶよりもお金がかかってしまいます。
ですから、荷物がいっぱいになるまで待ってから運びたいのですが、そのためには荷物がいっぱいになる間まで納期に間に合うか心配ですし、トラックを常に常駐させるための場所確保にかかる費用も発生するので、結局はコスト削減が難しくなってしまうということですね。
これを解決してくれるのがスペースチャーターというものなのでしょう。
なんとなくわかっていただけましたでしょうか。
輸送にもお金がかかるということですね。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 06:55 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。