総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業の分類 その4

「日本型」「海外型」「トップ型」といった外資系企業において、どういった外資系企業への転職を考えるかというのは、非常に重要です。
また、これ以外にも、駐在員なしの企業もあり、全ての社員がほぼ日本人で、トップも日本人が務めるという会社もあります。
小規模なベンチャー企業などがそうです。
こういったところも含め、どの種類の外資系企業への転職が好ましいのかを考えていきましょう。
もし、海外でのお仕事を将来的に見据えているとしたら、「海外型」が一番好ましいでしょう。
日本ではなく海外で勝負するのですから、当然多国籍軍の中での戦いとなってきます。
まずは国内で外国人と共に仕事をしていき、慣れていくというのは、ステップという意味でもちょうど良いでしょう。
できれば日本人と仕事がしたいけれど、外資系の特色である実力主義の中で仕事がしたい、という場合は「トップ型」が良いでしょう。
もちろん英語は必要ですし、外資系ならではの文化の違いのようなものを感じる事はあるでしょうが、日本人ばかりに囲まれているので、安心して仕事をする事ができるでしょう。
そして、日本の企業は安定感が無い、海外の支援を受けている会社の方が安心できる、という場合は、「日本型」が良いでしょう。
例えば銀行などは、国内のみの投資家では不安という方も多いでしょう。
海外からの支援を受けている銀行ならば、潰れたり統合して実質的な子会社状態になったりはしないだろうという安心を得る事ができるはずです。
このように、外資系企業への転職に何を求めているかで、その転職先をしっかり決められるかと思います。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 外資系企業の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の分類 その3

外資系と呼ばれる会社は、多かれ少なかれ海外との接点が強いと言えます。
海外の企業の株所有率が高ければ、そちらが本社となっている事もありますし、その本社がアメリカならばアメリカの社風がその会社にも現れている事は間違いありません。
そこで、三つ目の分類。
トップのみが外国人、というパターンです。
仮に「トップ型」としておきましょう。
トップのみ外国人という条件で有名な外資系企業といえば、日産自動車を思いつく方が多いかと思います。
日産自動車は、フランスの自動車製造会社ルノーが44%の株を保有し、ルノーの子会社となりました。
その代表者ブラジル人のカルロス・ゴーン氏が最高執行責任者となっています。
ですから、日産自動車といえば日本を代表する国内の自動車メーカーでしたが、今の日産自動車は「トップ型」の外資系企業と言えるのかもしれません。
あまりそういう言われ方はしていないようですが……
この「トップ型」の特徴は、海外からの大きな影響を受けているわけではないが、外資系の持つ特有の性質は持ち合わせている、という点です。
例えば、社内では日本語を普通に使います。
しかし、海外とのつながりが強く、書類や電話対応などでは頻繁に英語を使います。
ですから、英語の取得は必須です。
しかし、海外ほどは開けていないというのが特徴です。
外資系企業への転職を考える場合、この「トップ型」が一番日本人向きと言えるかもしれません。
外国人ばかりの環境ならば、外資系企業への転職をしたという実感と同時に、その文化、考え方の違いに苦労する事も多いでしょう。
一方、トップのみが外国人という場合は、外資系企業への転職という実感こそ薄いかもしれませんが、環境としては仕事がしやすく、尚且つ外資系の特色もそれなりに見えるので、人気も高いようです。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 外資系企業の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の分類 その2

外資系企業への転職を考える場合、外資系にはどのような種類の企業があるのか、ということを第一に考えるべきです。
この種類というのは、職種の事ではありません。
どういったタイプで日本に城を構える外資系企業なのかという事です。
つまり、外資系企業への転職を考えるなら、その基盤となる部分はどういったものなのか、という点を重視しなくてはならないという事です。
外資系企業の分類としては、多数の外国人を抱える企業というパターンが考えられます。
これは仮に「海外型」としておきましょう。
この「海外型」の場合、当然社員は外国人の比率が高くなっています。
こういった場合は、社内における会話や書類に記載されている文字は全て英語です。
最も外資系企業のイメージに合ったタイプの会社と言えるでしょう。
この「海外型」の場合、必要となるのは語学力です。
英語をネイティブに使いこなせなければ、通用しない世界です。
同時に、外資系ならではのオープンな社風であったり、実力至上主義、実績主義、そして利益主義といった、アメリカ社会の影響を色濃く受けている企業と判断できるでしょう。
外資系企業への転職に対して、こういったいかにも外資系という会社を望んでいる場合は、この「海外型」を選ぶのが好ましいかと思います。
しかし、そういった企業の場合、入社する為の難易度は最も高いといえます。
よほど語学力が高くない限りは、生粋の日本生まれ日本育ちの方が転職するのは難しいかもしれませんね。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 外資系企業の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の分類 その1

外資系と一言で言ってみても、その規模であったり、出資する企業の国であったりは様々で、それによって外資系企業としての種類も変わってきます。
外資系の定義自体、海外の企業がどの程度株を所有していれば外資系と呼ばれるのかは定まっていないなど、曖昧な部分があるので、分類としてもそれ程明確とはいえないかもしれません。
ですが、外資系の区分けをしておかずに外資系企業への転職を考えてしまうと、自分の目指すものに辿り着けない、現在持っているスキルを十分に活かせない仕事に就いてしまう可能性は極めて高くなります。
外資系なら何処でも良いなどとは考えず、自分に合った外資系企業を探す事が、外資系企業への転職を成功させる秘訣と言えるでしょう。
まず、一番多いパターンが、既に日本に根差している企業です。
マイクロソフトなどはその最たる例と言えるかもしれません。
その会社、あるいは商品が既に日本の定番となっており、外資系でありながら、日本の風土に馴染んでしまっている会社です。
ここでは、仮に「日本型」としておきましょう。
この「日本型」は、外資系的特色が少なく、日本の企業に近い形態を持っています。
ですから、外資系と聞いて入ったは良いが、中身はあまり日本の企業と変わらないというケースが出てくる事もあるでしょう。
外資系企業への転職に外資系ならではの特色を望んでいる方の場合、この「日本型」はあまり向いていないかもしれませんね。
気をつけておきましょう。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 外資系企業の分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。