総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業と日本企業の違い

効率よくお仕事探しをするなら今すぐ登録を!


外資系企業と日本企業の違い
外資系企業 貿易用語

外資系キャリアの出世術

外資系キャリアの出世術

  • 作者: シンシア・シャピロ
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2008/02/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


外資系企業への転職を試みる人が年々増えているのは、当然ですが外資系企業に多くのメリットがあるからです。
外資系企業と日本国内の企業は根本的に違う部分があり、そういった点で外資系企業への転職を試みる、または進めるという動きが活発化しているのでしょう。
では、一番の違いは何なのでしょう。
やはり、文化的な相違と言えるのではないでしょうか。
アメリカが最も多いですが、外資系企業はその母体となる、または株主となる企業のお国柄によって、その傾向が完全に変化します。
アメリカは短期的な見方をする企業が多く、市場の成長性が弱い、あるいは発展性に乏しいという場合は、躊躇なく撤退する見切りの速さが特徴です。
一方、ヨーロッパの場合は、長期的で地道な開発や販売を得意としています。
その為、アメリカはITや金融、自動車などの製造が主で、ヨーロッパは重機機械や自動車・航空の部品、化粧品などの製造、販売が得意です。
では、日本はどうでしょう。
日本は輸出大国と言われているくらいですので、専門的な得意分野を持っています。
精密機器ですね。
A型気質というか、細かい事をやらせたら日本の右に出る国はありません。
では、体質についてはどうでしょう。
いうまでもないとは思いますが、日本と外国の一番の違いは、その積極性にあります。
アメリカやヨーロッパ諸国の人々は、自己主張が上手く、理路整然としており、曖昧さを嫌います。
日本は、自己表現が苦手で、感情論に流されやすい体質です。
この差が、企業にも現れています。
外資系企業への転職は、この体質を持たない日本人に馴染めない日本人が一番向いているのかもしれません。

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

  • 作者: マイケル ギリオーニ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2004/04/27
  • メディア: 単行本





posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:45 | Comment(0) | 外資系企業と日本企業の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。