総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業と貿易用語

求人情報数が自慢!インディビジョン[転職]
情報量で差をつけよう
Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

外資系企業「転職の是非」

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

  • 作者: マイケル ギリオーニ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2004/04/27
  • メディア: 単行本


昨年の金融危機以来不況の風は収まらず、いつまで続きかいまだ、先の見えない状況が続きます。
しかし、就職や転職希望者にはいまだに人気が高いのが外資系企業です。
外資系企業への転職を望む声は多く、外資系企業への転職というのは一つの憧れとして、若い人を中心に希望者が数多くいます。
そんな外資系企業への転職を考える前に、まず一つ確認しておく事があります。
外資系企業とは、具体的にどのような企業を指すのでしょうか。
外資系企業、とはよく聞くものの、その定義まではイマイチ把握していない、という方が多いようです。
外資系企業≫続きはこちら


貿易用語「直接貿易と間接貿易」


貿易ビジネスの基本と常識

貿易ビジネスの基本と常識

  • 作者: 大須賀 祐
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


貿易と聞いて皆さんはどんなことを連想しますか?貿易とは何でしょうか。
普段使わない用語ですし、たまにニュースで聞くくらいの用語ですと、なんとなくわかっていても言葉で説明できず、いまいちピンとこないですよね。
貿易とは輸出入のことで、国と国の取引、つまり商品を売買することを言います。日本は貿易立国として輸入と輸出で成り立っている国なのです。
貿易用語≫続きはこちら


◆インディビジョン[転職]◆
≫社員を輝かせる会計 心を大切にすれば大不況も怖くない
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 06:05 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業の面接


成功するコミュニケーション術達 (INFOREST MOOK)

成功するコミュニケーション術達 (INFOREST MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: インフォレスト
  • 発売日: 2008/03/03
  • メディア: 大型本




外資系企業への転職の際、履歴書を含めた自分への評価が下されるのは、面接です。
面接でどのように振舞うかによって、外資系企業への転職が成功するかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。
外資系企業の場合であっても国内企業の場合であっても、面接は非常に重要です。
ところで、外資系特有の面接基準というものがあるのでしょうか。
答えは、YESです。
外資系企業への転職を考えるならば、外資系企業が欲する人材である事をアピールするような面接を行う必要があるでしょう。
それがそのまま、外資系特有の面接基準という事になります。



外資系企業の面接≫続きを読む
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:45 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職


稼ぎたい!楽しく仕事したい!Web業界の転職なら【ウェブキャリア】
momobgyoko.JPG

外資系企業【転職は有利か不利か】
 │
 ├ 転職の理由
 ├ 転職の是非
 ├ 転職に有利な年齢、不利な年齢
 ├ 転職に有利な職業
 ├ 転職希望者には外資系企業が人気
 ├ 外資系企業の定義
    ├ 分類 その1
    ├ 分類 その2
    ├ 分類 その3
    └ 分類 その4
 ├ 外資系企業の特色 給料編
    ├ 特色 通勤時間編
    ├ 特色 人間関係編その1
    ├ 特色 人間関係編その2
    ├ 特色 入社編
    ├ 特色 社員編その1
    ├ 特色 社員編その2
    ├ 特色 社員編その3
    └ 特色 就職編
 ├ 外資系企業への転職に必要な語学力
    ├ 転職の際の履歴書
    ├ 転職の際の面接
    └ 転職で求められる能力
 ├ 外資系企業と日本企業の違い
 ├ 外資系企業のメリットとデメリット その1
    ├ メリットとデメリット その2
    └ メリットとデメリット その3
 └ 外資系企業【マイクロソフト】
    ├ 主な外資系企業 その1
    └ 主な外資系企業 その2


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 17:47 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX用語 塩漬け

金融証券 マネー【億の細道】
http://okuno-hosomichi.seesaa.net/
≫FX用語 塩漬け


外資系企業の定義
【明細記事】
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:36 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職に有利な年齢、不利な年齢

外資系企業への転職は、通常の就職とは訳が違います。
具体的には、まだ真っ白な人材と、既に何らかの色に染まった人材という差です。
特に、ある程度年齢を重ねている人の場合は、色も相当濃くなっているという事になります。
はっきりと言ってしまえば、転職の場合は年齢を重ねていれば重ねている分だけ不利、と考えてください。
もちろん、以前の職種で培ったキャリアを生かせる仕事の場合であれば、年齢が必ずしも不利に働くとは限りません。
例えば、人を使う仕事の募集をしている場合は、何らかの分野でそういった立場で長年仕事をしてきたベテランの方を招集するという方針でいることもあり、そういった場合は年齢を重ねていても不利にはならないでしょう。
しかし、これはあくまで特殊なケースといえます。
転職する場合、もし若い人であれば、それほどキャリアについては言及されません。
むしろ、経験を積みすぎていないからこそ、企業の色に染め直しやすいという点もあり、キャリアの浅い人のほうが有利に働くケースも多々あります。
そういう点からも、年齢が若い方が有利と言えます。
何よりそれを証明するかのように、転職に関しては、年齢制限を設けている募集がほとんどです。
多くの会社が転職支援サイトなどに求人募集を出していますが、ほとんどは30代、40代までの募集です。
中には20代というところも結構あります。
一方、年齢をそれ程加味しない転職先もあります。
外資系企業への転職の場合、それに該当するケースが多いようです。
外資系企業への転職は、多くの募集が年齢制限を設けていないか、かなりワイドな設定にしています。
転職に有利な年齢、不利な年齢があまり関係ない、珍しい例と言えます。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職の是非

外資系企業への転職をはじめ、最近は若いうちから一度就職した会社を辞めて別の会社への転職を志す人が多いようです。
若いうちからコロコロ会社を変える、職を変えるという事は、年配者の方はあまりよく思わないようですが、それは短絡な見方といえます。
確かに、最近の若い人は飽きっぽい傾向にあります。
しかし、転職が必ずしもその傾向から来るものではない事を考慮すべきです。
堪え性がないから転職を希望する人もいるにはいます。
とはいえ、全ての転職にそれをあてはめる現在の傾向も、あまり好ましいものとはいえません。
外資系企業への転職というのは、いわば人生の賭けです。
もちろん、中には止むを得ず、そうせざるを得なかったから転職を試みるという人も少なくはないでしょう。
ただ、転職者の多くは、今の職場に対する不満であったり、幼い頃から抱いていた夢であったりと、自分の要求に即した環境で仕事がしたいがために転職を試みるのではないでしょうか。
例えば、実力をそのまま評価してほしい人は、年功序列色の少ない外資系企業への転職を志すでしょう。
外資系企業への転職が成功すれば、同じ仕事、同じ時間働いて給料が大幅に上がるというケースもあります。
また、自身のスキルアップを図るならば、同職種で更に上を目指せるような、大企業への転職を目指す人も多いでしょう。
職種を変えても、同じような仕事ができるというケースは多々あります。
営業などはその典型で、扱う商品が変わっても、その営業ノウハウには大きな変化はありません。
ですから、より評価を得たい、技術を磨きたいという人は、分野を変えつつ、同じ職種に転職するというケースが見られるのです。
こういった若いうちからの転職が悪いとは、とても言い切れないでしょう。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職の理由

転職というのは、基本的には人生における大きな転機です。
転職する上で、まず始めに考える必要があるのは、今の仕事が果たして自分の人生を捧げる価値があるのかどうかということと、今の生活を不安定にしてまでも転職すべきなのか、という点でしょう。
夢と現実と言えばわかりやすいかもしれませんね。
転職には少なからず、自分の希望、夢を加味する人が多いようです。
一方で、そこを重視する事ができない人も多いようです。
そもそも、転職をするという事は、どういった理由があってのものでしょうか。
人それぞれではありますが、その理由にはいくつかのパターンも存在しているかと思います。
例えば、現在勤めている会社では先が見えている、現在の給料では生活が難しくなった、などといった理由が考えられるかと思います。
虚無感であったり、切実であったりと、本当に様々です。
また、新卒で普通の国内の企業に就職したものの、その社風が合わないので別の職を探したい、というケースも考えられます。
これは一見軽く考えているように思われがちな理由ですが、そうではありません。
自分の勤める会社というのは、自分の一生を捧げる場所です。
自分の一生の大半を過ごす場所でもあります。
その場所が合わない、というのは、人生の大半を苦痛や苦悩の中で過ごす事に繋がりかねません。
それを若い内に回避するというのは、とても重要な事です。
こういった場合、外資系企業への転職を志望する方が多いようです。
特に最近の若い方は、外資系企業への転職に強い憧れを持っているようです。
若い人の転職の理由の多くは、外資系企業への転職のような、開かれた社風への憧れが多いのかもしれません。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 06:43 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。