総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

貿易に関する輸送サービス

貿易に関する輸送サービス
外資系企業 貿易用語

私たちが生きていく中で買い物するにはお店に行きますし、車が故障してしまったなんて困ったことがあった場合には修理をしてくれるサービス機関がありますし、保険に加入したいというときは保険会社がありますよね。
それぞれに共通していることはそれぞれのサービスがあるということです。
価格をさげるということで提供するように私たちが喜ぶ値下げサービスというのもあれば、人の力によって事がスムーズに遂行されるようお手伝いしてくれるサービスなど、サービスの種類は実に様々です。
貿易にもサービスがありまして、貿易用語のカテゴリでもサービスに関する用語はたくさん出てきます。
ではサービス関連の用語について触れてみたいと思います。
サービスはサービスでも輸送サービスに関する用語が多いです。
その中で複合一貫運送という輸送サービスがあります。
複合一貫運送とは異なる輸送方法を一つに組み合わせて最終地まで運ぶというサービスです。
例えば飛行機とトラック、船と鉄道といった組み合わせのことを言います。
こういった複合一貫運送は、利点がいくつかあるようでして、それぞれの輸送手段によるサービスを提供できるということや、色々なルートで運ぶことができるなど、利点が複数あるために増加の傾向にあるそうです。
飛行機と船、鉄道と船など、いわゆる異業種的なものに近いもの同士が一緒になるわけです。あまり想像できない輸送方法ですが、こういった面白い手段もあると言うことですね。





posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:41 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易と輸送問題

面倒なご来店手続きは一切不要!オンライン入会はコミューカ・カーシェリングだけ
貿易と輸送問題
外資系企業 貿易用語

貿易ビジネスの基本と常識

貿易ビジネスの基本と常識

  • 作者: 大須賀 祐
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



スペースチャーターという用語を聞いたことはありますか?
スペースチャーター便などという用語で耳にしたことがあるかもしれませんね。貿易業務では先ほど輸送サービスについての貿易用語もたくさんあるとお伝えしました。
輸送にかかるコストを削減するために通常は貨物がいっぱいになった時点で輸送するというのが普通であるようですが、そうなるとデメリットとして納期の問題や、場所の確保にかかるコストが発生してしまうなどの問題があったそうです。
ですが、スペースチャーターというのは空間を分割して輸送することをいうシステムだそうで、貨物にあった空間を必要分だけ確保して輸送にいたるというこのスペースチャーターは、コスト削減には大きく役立つのだそうです。
わかりやすく考えてみると、トラックが一台あるとして、本来であれば輸送などに関わるコスト削減のためにトラックがいっぱいにならないうちに運んでしまってはいっぱいになってから運ぶよりもお金がかかってしまいます。
ですから、荷物がいっぱいになるまで待ってから運びたいのですが、そのためには荷物がいっぱいになる間まで納期に間に合うか心配ですし、トラックを常に常駐させるための場所確保にかかる費用も発生するので、結局はコスト削減が難しくなってしまうということですね。
これを解決してくれるのがスペースチャーターというものなのでしょう。
なんとなくわかっていただけましたでしょうか。
輸送にもお金がかかるということですね。
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 06:55 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易用語を理解しよう


求人情報サイト「Q-JiN」
momobgyoko.JPG

貿易用語を理解しよう
外資系企業 貿易用語

これまで簡単ではありますが、貿易に関する用語や貿易についての内容を紹介してきました。
私たちの生活の中では仕事として行わない限りは貿易に直接関与するということはないかもしれません。
ですが、生活用品や食材などは貿易により私たちの元へ運ばれてくるのです。
全てを国内生産や国内取引でまかなおうとするのは非常に困難で、コストがかかってしまうというのが現状です。
少し前にあった食材に関する輸入問題は日本にとどまらず大きく影響を与えましたが、そういった問題があることによって私たちの食生活などが今までと一変してしまうというのは非常に怖いことですし、不安要素でもありますよね。
実際に問題があれば本当に困ってしまいますが、それほど輸入に頼っているので、輸出してくれる国には感謝しなければいけないところでもあります。
貿易に関する用語は英語表記のことがほとんどで、しかも日常会話で使用する英語ではなく専門用語的なものになりますし、略で使用することが多いので覚えるのに大変でもありますし、また、その用語について理解をしようとするとやはりこれも一つの用語に付随して他の専門用語が出てくるので、難しいところであります。
ですが、最初にもお伝えしたように国際規約と貿易用語を理解し、覚えておくと言うのはスムーズな貿易業務を遂行するにあたり必要であることは間違いないようです。
逆に言えばこれが理解できてきちんと知識として知っておくことができればスムーズな貿易業務ができるということでしょう。


お金がない?それは財布のせいではないですか?




posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:46 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易と規則


無料でいろんなカテゴリーの英単語&例文を音声付で学べます!!
momobgyoko.JPG

貿易と規則
外資系企業 貿易用語

ちょっと難しい貿易用語を紹介したいと思います。
「ヨークアントワープ共同海損規則」という貿易用語を聞いたことがあるでしょうか。
貿易についてまったく知らない方はもちろん聞いたことはないと思います。
ヨークアントワープ共同海損規則とは英語表記で「York-Antwerp Rules」と書きます。
少し長いのでスペルを覚えるのも大変ですよね。
貿易業務にはいくつかの規則が存在します。
ヨークアントワープも規則の一つに該当するのですが、国際統一規則になるそうです。
1974年に改定され、現在に至っているとのことですが、損害や費用に関する規則です。
貿易には色々と規則などがありますが、わたしたちの生活のなかでもたくさんの規則がありますよね。
貿易の規則とはもちろんぜんぜん違いますが、例えば学校に行くにしても「校則」という規則があり、これを忠実に守らないと停学処分や退学処分といった人生をも左右させてしまうような規則がありますし、社会人になって会社勤めなどをすると、それぞれの会社ではやはり服務規定という規則が存在します。
最初に、企業に就職する際は、この服務規定をきちんと把握した上で印鑑やサインなどをして提出しますよね。
ですから、規則というものは集団生活を乱さないためでもありますし、貿易業務での規則は国同士が関わりあうのでより貿易業務が円滑に遂行されるように国際的規則としてこういったものがつくられるということですね。

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 07:40 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易による高価品輸入

貿易による高価品輸入
外資系企業 貿易用語

皆さんは宝石やアクセサリーは好きですか?宝石やアクセサリーは昔から、特に女性には非常に好まれているものであります。指輪やネックレスなど、それに付属している輝くダイヤモンドなどを見ると本当に綺麗ですよね。
そんなダイヤモンドや宝石がもともとの原石は単なる石に見えると言うのですから不思議なものです。
まさに磨けば光るという言葉がぴったりですよね。最近では女性だけでなく、男性にもアクセサリーを好む方が増えてきました。また、同時にアクセサリーが似合う男性もたくさん増えましたよね。
男女ともに愛される宝石やアクセサリー、実は貿易によって海外から輸入されているのがほとんどだそうです。
気軽に普段身につけている方はあまりこういったことを深く考えたことはないかもしれませんが、パーティーなどで身につける高級な宝石や、宝石売り場で輝きを見せる宝石や金属は海外で生まれ、日本にくるといのがほとんどのようです。では宝石や金属は普段の生活でなじみの用語ですが、高価貨物という用語はご存知でしょうか。
高価貨物とは貿易用語になりまして、英語表記にするとvaluable goodsと書きます。
宝石や貴金属意外に美術品や貨幣もこの用語の意味に含めます。
本来はこういった高額のものを指すようですが、他には医療機器などの精密なものも含まれているようです。
確かに医療機器は非常に高いものですし、取り扱いも十分にしなければなりません。
ですから、こういった高価貨物といったものがあるのでしょうね。


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 07:28 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険物と貿易

危険物と貿易
外資系企業 貿易用語

貿易業務を行うにあたって、インコタームズという国際的な規約があります。
そして、規約に基づいて貿易が行われるということは先ほども紹介いたしました。
そして、貿易業務には欠かせない貿易用語もたくさんの種類があり、それぞれのカテゴリに分けると15〜16の種類があります。
その中で輸送物に関する用語について触れてみたいと思います。
輸送物とは貿易取引の際に運ばれるものですが、海外から輸入されるものはたくさんありますよね。
私たち日本人はほとんどが輸入に頼って生活しています。
食事をするにも食材だけではなく、それを料理するためには電気やガスが必要ですし、どこかへ出かけるにも車を走らせるのであればガソリンが必要です。
直接的に関係あるものと間接的に関係するもの、いずれにしても生活に関わるものはほとんど輸入に頼っているということになります。
その輸入される中で危険物という用語がありますが、聞いたことありますよね。
資格試験でも危険物の資格がありますので、資格を持っている方もたくさんいらっしゃることでしょう。では危険物とは具体的に何を指すかご存知でしょうか。
危険物とは高圧ガスや石油、火薬類など、引火の危険性が高いものや爆発物が危険物の定義とされているようです。
私たちは直接火薬や高圧ガスなどを使用することはありませんが、商品を買ったときにそれらが使用されているものはたくさんありますね。
こうして生活に危険物はつきものですが、これらの輸入があるからこそ、便利な生活ができるのは確かです。


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 07:19 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易業務での信用調査

貿易業務での信用調査
外資系企業 貿易用語

貿易業務に関するカテゴリで支払い関連の用語について私たちが身近に感じることができそうな用語を少しだけ紹介しました。
貿易業務は海外との商品とお金の取引になりますので、信用問題や適した支払い方法はつきものですし、しっかりと把握しておくことが必要となります。
すでに触れた着払いと前払い意外にも運賃に関する支払い方法の種類はたくさんありますので、貿易業務に携わる方は詳しいところまでしっかりと知っておいたほうがよいでしょう。
貿易とは輸入と輸出を行うことですよね。
信用が大事とされる貿易業務ですが、信頼できる相手を探すポイントはあるのでしょうか。輸入、輸出を行うにあたっては何も下調べをせずに行うことは非常に危険です。
まずは下調べとして市場調査を行うことは非常に重要課題となります。
価格、売れ行き、需要、消費者に関する情報など。
調べることは様々です。そしてあらゆる角度から調べ、情報をキャッチしておく事が大切であります。
市場調査が終わったら今度は相手の信用を調べることです。相手の信用は取引先の銀行などに依頼をして調査すれば良いでしょう。
特に問題がなければそれに越したことはありませんが、問題が無くても相手先への訪問も欠かさずにきちんとチェックをし、安心要素を増やすことによってよりスムーズな取引ができるのではないでしょうか。
信頼できる相手を探すのは労力がいりますが、無駄な貿易業務にならないためにも惜しまず市場調査を行うと良いそうです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 20:21 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易の支払い方法

外資系企業 貿易用語
貿易の支払い方法

貿易業務は海外との取引になります。国内取引でもそうですが、必ず金銭の支払いが発生します。
そこで、貿易用語のカテゴリの一つとして支払い関連の用語について少し触れて見たいと思います。私たちの身近なところでまず考えてみましょう。
例えば通信販売で何かを注文したとします。注文した品物はいくつか支払い方法が選択できるようになっており、その中から自分にとって便利な支払い方法を選択し、数日後商品が届きます。支払いを済ませ、一連の流れは終了ですね。
では、着払いシステムというのは経験したことはありますか?着払いとは荷物が届いたときに配達業者に配送料金を支払うことで、取引が終了となるシステムをいいますよね。
誰かに荷物を送るときには滅多に着払いは利用しないかもしれませんが、例えば間違った商品が届いて返品をしたいときや、製品に不良があって交換したい場合には相手側に落ち度がありますので、相手側に送料も負担してもらうために着払いシステムを利用することはあるかもしれませんね。
貿易にも着払いがあります。
英語表記ではFreight Collectと書きます。
これは貿易業務だからといって特別なことは特にないようなので、私たちが想像している着払いシステムを想像すれば良いかと思います。
みなさんはどのような時に着払いシステムを利用しますか?特に必要性がなければわざわざ利用する必要は無いかもしれませんが、貿易にも着払いがあるということは知識として知っておいてもいいですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FX取引 用語 クロス取引FX取引 用語 機会損失FX取引 用語 先物取引
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:27 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品先物取引で扱う商品

外資系企業 貿易用語 商品先物取引
商品先物取引で扱う商品

商品先物取引では、農作物や鉱工業材料を商品としています。
これらを取り扱っている金融取引というのはまずないので、特に金などで取引したいという方は、この商品先物取引を利用する事になります。
商品先物取引そのものはまだメジャーではないですが、金や銀を取引に使用するという取引は割と有名なので、現在も注目が徐々に集まっているところです。
では、その商品先物取引における取扱商品を具体的に見ていきましょう。
まずは農作物からです。
有名どころでは、小豆、トウモロコシ、一般大豆、鶏卵といったところです。この他にも、コーヒーやブロイラーなどもあります。
問題はです。
は、現在日本においては取引がなされていません。
しかし、今の所東京穀物商品取引所を中心に、米取引を再開使用という動きが見られます。もしかしたら、近い将来米での取引が可能となるかもしれません。
次は鉱工業材料です。
前述した金を始め、銀、プラチナ、ガソリン、原油、灯油、アルミニウムなどが挙げられます。
金属は非常に数多くの種類がある一方、取り扱われている物はごくわずかという印象です。
商品先物取引が今ひとつメジャーになれない理由として、商品の種類の少なさが挙げられます。
上場している銘柄の数は、数十種類程度です。
さらに、日本の会社が取り扱う銘柄となると、かなり少ないのが現状です。
大体15〜20くらいの銘柄の中から取引する物を決める事になるでしょう。その中から決める事になるので、自ずと人気は偏ってきます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

株式投資 短期の投資 株式投資 中長期の投資 株式投資 情報収集はどうやって?

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:28 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易に関する書面(衛生面)

外資系企業 貿易用語
貿易に関する書面(衛生面)


今は衛生面での気の使い方が問われています。
代表的なのは食品。食品に関しては衛生面に気を配ることは今に始まったことではなく、当然のことなのですが最近は食の問題が急増している中、企業に対する質や衛生面での配慮も消費者は注目をしていますよね。
貿易用語の中で衛生という用語を使用した書面があります。
海外と貿易を行うにあたり、衛生証明書という書面が必要になる場合があります。
それは食品や化粧品など、特に衛生面に気をつけなければならない商品の取引を行う際に必要とされる書面です。
どういったことが書いてある書面なのか。
内容としては生産するときに基準と言うものがそれぞれあるのはご存知だと思いますが、生産や出荷する際にそれぞれの基準をクリアしたという旨の内容が記載されていること。
または無害であるとか、無菌であるといったことが記載されていることの書面です。
衛生面に気を使わなければならない商品の際は単純に輸入や輸出のやり取りを行うのではなく、きちんとこういった証明できるような書面も取引するということなのですね。
皆さんはいかがですか?例えばお買い物をする際にはわざわざ書面を交わして購入などしませんが、例えば商品自体に衛生面でクリアしました、ですとか安全、害がないなど記載されているものと、そうでないものが仮にあったとしたら、きちんと記載されているほうを選びませんか?ちょっと例えとしては違うかもしれませんが、きちんと貿易取引の際にもこういった書面があると言うことですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 12:18 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中継貿易

外資系企業 貿易用語
中継貿易

中継貿易という用語を聞いたことがありますか?中継貿易という用語を聞いてどんなイメージを持つでしょうか。
中継貿易とは「ちゅうけいぼうえき」もしくは「なかつぎぼうえき」とも言いますし、間接貿易とよぶこともあるそうです。中継貿易貿易形態のうちの一つなのですが、いったいどういうことを中継貿易というのでしょうか。
中継と聞くとテレビ中継ですとか、私たちの身近な中継といえばそのようなものしか浮かばないですよね。
中継貿易とは一つの国があったとして、その一つの国周辺の他国との取引をするのが中継貿易というそうです。
どんなことをするのかというと、他の国から原材料を輸入してその輸入した原材料で作られた産物をさらにまた違う国に輸出をするといった仕組みを言うそうです。
目が回るような貿易形態ですが、例えば日本がアメリカから仕入れた原材料を生産し、アメリカに輸出するのではなく、他の国に輸出するということですよね。
ですので、日本は中継の役目をしたということです。
なので、中継貿易と呼ぶのでしょう。簡単にいうと、他国から輸入した商材を他の国に輸出するということですね。
中継貿易が利用されるのは、政治の関係で直接その国同士のやり取りが困難という場合に双方の国とのやり取りに問題ない国が中継として入り、取引のお手伝いをするということのようですね。
またはメリットとして中継する国を間に入れたほうが、関税が安くなるということもあるようです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:54 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聞きなれない貿易用語

外資系企業 貿易用語
聞きなれない貿易用語

貿易の形態として、直接貿易と間接貿易があるということですが、実は形態は色々あり、聞き慣れない用語もたくさん登場します。貿易に関するお仕事の方は専門用語にも詳しいのでしょうが、貿易になじみのない人にとっては難しいのが本音です。では次に登場する用語は委託加工貿易というのがあります。
なんだか聞いただけでピンとこない、難しい感じがしますね。
順委託加工貿易とは委託加工契約というのがあるのですが、その順委託加工契約に基づいて行われる取引となります。
まずは海外から原料を輸入します。
その輸入した原料を契約に従って国内で加工をします。
加工したものを海外に輸出するというしくみです。
またはその逆もあります。
国内の原料を海外に送ったものを海外で加工し、輸入するということもあります。
国内で生産された原料を国内で加工して海外に輸出するということではなく、原料は海外から仕入れ、国内で加工したものを商材として海外に出すという形態であるため原材料は安い海外から仕入れて日本で加工し、きちんとした商材になったところで海外へ送り出すというとわかりやすいかもしれませんが、国内で高い原材料で商材をつくるよりもコストがかからないのでしょうね。
お洋服でいえば生地は安い国から仕入れて、日本で縫製をすればしっかりした商品ができあがるのでその商品を海外へ輸出し、取引をするといったところでしょうか。
なるべくコストはかけたくないというのがほんとうのところかもしれませんね。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:59 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直接貿易と間接貿易

外資系企業 貿易用語
直接貿易と間接貿易

貿易には種類があります。
まずは直接貿易という用語があるのはご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。
略して直貿と言ったりもしますが、直接貿易とは輸入車と輸出者が直接貿易をすることをいいます。
仲介者を経由しないやり方です。字を読むと知らない方でもなんとなくイメージはつくかと思います。
そしてもう一つは、間接貿易という用語があります。
これは略して間貿といいますが間接貿易とは直接貿易と違って、仲介者をとおして貿易を行うことをいいます。
間接貿易も字を読めばイメージがつきますよね。
それぞれ特徴がちがいますが、直接貿易の詳細としては間接貿易で間に入る仲介を自分で行うので自分が取引先である海外に交渉をしにいき、契約まで自分で行うというのが直接貿易の内容になります。
ですので、貿易で発生するリスクやメリットも全て自分に返ってくるのです。
直接交渉や契約を結ぶという点では大きなリスクも同時に背負うわけですが、仲介者がはいらないことによって、市場のニーズや状況などをすぐにキャッチできるという利点はあるようです。
自分の感触や目で確かめられると言うことですね。
関節貿易の内容としては仲介者が入りますので、直接貿易と違ってリスクが少ないと言えるようです。
負担は仲介者にいくわけですからね。
ですから商品の開発や本来の自分の事業に専念できるというメリットは間接貿易にはあるようですね。
どちらが良いかは自分次第ですが、それぞれのメリットなど把握した上での取引をすると良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 16:03 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸入 貿易とは

外資系企業 貿易
輸入 貿易とは
http://shigotono-hosomichi.seesaa.net/article/114782551.html
横浜開港.jpg

貿易と聞いて皆さんはどんなことを連想しますか?貿易とは何でしょうか。
普段使わない用語ですし、たまにニュースで聞くくらいの用語ですと、なんとなくわかっていても言葉で説明できず、いまいちピンとこないですよね。
貿易とは国と国の取引、つまり商品を売買することを言います。日本の中での取引は国内取引といいますよね。
例えば北海道の商品を沖縄と売買するのは貿易とは言わないですよね。
私たち日本人は食材をはじめ、輸入に頼っています。在は主に売買を行っている国はアメリカや中国になります。
アメリカや中国には非常にお世話になっているのが現状です。なぜ輸入に頼るのかと言いますと、例えば日本で商品を買うより、大量生産され、かつ価格が海外の方が安い場合、経費や運賃などは日本ということになります。
それぞれの得意とする商品がその国で大量生産されると、日本よりも原産国などの方が安いので輸入するのです。
私たちもお買い物をするときに、少しでも安い場所を見つけて一番安い場所で買い物をするなど、同じ商品であればやはり値段は高いよりも安い方を選ぶ方が多いですよね。
そういった考え方と似ているような気がしますね。
国同士の取引でも赤字などにならないよう、少しでも安くたくさん商品が手に入れるために輸入と輸出が行われるのです。
貿易と言っても基本的には輸入と輸出の取引をいいますが、貿易の中でもたくさんの種類があるようです。
これから紹介していきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【GLAMOROUS】公式ショッピングサイトOPEN!!


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:32 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貿易用語【自由貿易と個人輸入】

posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 11:06 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。