総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事転職・派遣・バイト情報


| 外資系企業 | 貿易用語 |

外資系企業への転職で求められる能力

求人情報数が自慢!インディビジョン[転職]

情報量で差をつけよう



外資系企業への転職で求められる能力
外資系企業 貿易用語

外資系企業への転職を試みる人であれば、外資系企業が能力主義である事は当然知っている事でしょう。
であれば、外資系企業への転職の際に、何が求められているかも、自ずと理解はしているかと思います。
すなわち、実力です。
では、何を持って実力というのでしょう。
外資系企業と一言で言っても、その分野は様々です。
IT関連の会社もあれば、保険や化粧品などの販売会社もあるでしょう。
その分野によって、何が求められるかというのは当然変わってはきます。
しかしながら、共通して求められるのは、その分野に関する技術、ノウハウです。
そして、知識も同様です。
外資系企業への転職を行う人にとって、その分野の経験がない、という人は少ないかと思います。
通常の転職とは違い、外資系企業への転職はスペシャリストへの道を進むという方向性だからです。
ですから、その分野での経験、実績は当然大きく加味されます。
そして、それらと同じくらい重視されるのは、積極性とパーソナリティ、そして健康です。
どれだけ仕事に熱意を持っているか。
どれだけ人格的に優れているのか。
どれだけ身体が丈夫か。
これらは、仕事を継続していく上での必要事項です。
熱意というのは、必ずしも永久に継続できるものではありません。
しかし、最初の段階で熱意のない人間には、到底その分野で使いものになるとは思えないという事ですね。
また、外資系企業は人格や健康も重視します。
仕事をどれくらいしっかりできるかというのは、身体と精神が基本という事ですね。

これが働きたい会社だ  社員が教える企業ミシュラン

これが働きたい会社だ 社員が教える企業ミシュラン

  • 作者: 渡邉 正裕
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/11/11
  • メディア: 単行本





posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:45 | Comment(0) | 外資系企業で求められる能力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業と日本企業の違い

効率よくお仕事探しをするなら今すぐ登録を!


外資系企業と日本企業の違い
外資系企業 貿易用語

外資系キャリアの出世術

外資系キャリアの出世術

  • 作者: シンシア・シャピロ
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2008/02/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


外資系企業への転職を試みる人が年々増えているのは、当然ですが外資系企業に多くのメリットがあるからです。
外資系企業と日本国内の企業は根本的に違う部分があり、そういった点で外資系企業への転職を試みる、または進めるという動きが活発化しているのでしょう。
では、一番の違いは何なのでしょう。
やはり、文化的な相違と言えるのではないでしょうか。
アメリカが最も多いですが、外資系企業はその母体となる、または株主となる企業のお国柄によって、その傾向が完全に変化します。
アメリカは短期的な見方をする企業が多く、市場の成長性が弱い、あるいは発展性に乏しいという場合は、躊躇なく撤退する見切りの速さが特徴です。
一方、ヨーロッパの場合は、長期的で地道な開発や販売を得意としています。
その為、アメリカはITや金融、自動車などの製造が主で、ヨーロッパは重機機械や自動車・航空の部品、化粧品などの製造、販売が得意です。
では、日本はどうでしょう。
日本は輸出大国と言われているくらいですので、専門的な得意分野を持っています。
精密機器ですね。
A型気質というか、細かい事をやらせたら日本の右に出る国はありません。
では、体質についてはどうでしょう。
いうまでもないとは思いますが、日本と外国の一番の違いは、その積極性にあります。
アメリカやヨーロッパ諸国の人々は、自己主張が上手く、理路整然としており、曖昧さを嫌います。
日本は、自己表現が苦手で、感情論に流されやすい体質です。
この差が、企業にも現れています。
外資系企業への転職は、この体質を持たない日本人に馴染めない日本人が一番向いているのかもしれません。

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

改訂版 外資系企業に入るための履歴書と面接の英語(CD付)

  • 作者: マイケル ギリオーニ
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2004/04/27
  • メディア: 単行本





posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 09:45 | Comment(0) | 外資系企業と日本企業の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主な外資系企業 その2

英語学習は「聞く→話す」が主流。小・中学生の聞き流す英会話教材はコチラ
Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

主な外資系企業 その(2)
外資系企業 貿易用語

外資系企業で成功する人、失敗する人 (PHP新書)

外資系企業で成功する人、失敗する人 (PHP新書)

  • 作者: 津田 倫男
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/03/14
  • メディア: 新書


国内にある有名企業の中には、「え、ここも外資系なの?」と思うような企業がいくつかあります。
外資系企業への転職を考えている方は、そういった企業を目指すのも良いかもしれませんね。
ただ、有名企業という事は、大手の外資系企業であるといえます。
そういった外資系企業への転職となると、相当な実績を積んでおり、尚且つ実力と意欲があることが条件となるでしょう。
難しいですが、十分トライする価値はあります。
例えば、「西友」
スーパーマーケットで有名なこの西友も、外資系企業です。
ウォルマート・ストアーズというアメリカ企業の子会社なのです。
「日産自動車」も外資系企業です。
これは有名な話ですね。
ブラジル人カルロス・ゴーンが代表を勤めるフランスのルノーが筆頭株主となり、その傘下に下ったのはもう8年も前の話です。
大阪の名物となりつつある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」も、外資系企業です。
外資系企業のユニバーサルスタジオが日本進出を始めたのが1990年ごろで、実際に会社が設立されたのは90年代中盤です。
あとは、意外ではないですが、「東京コカ・コーラボトリング」は当然外資系企業です。

コカ・コーラ/BIG缶型DVDプレーヤー

コカ・コーラ/BIG缶型DVDプレーヤー

  • 出版社/メーカー: SIS株式会社
  • メディア:


恐らく、世界で最も潰れる可能性の少ない企業の一つでしょう。
それは日本支社であっても同様です。
高級アイスの代名詞「ハーゲンダッツジャパン」も外資系企業です。
外資系企業への転職は、夢を実現する為のものと考えて良いかと思います。
しかし、外資系企業に転職するにはリスクも当然あります。
それらを全て考慮したうえで、外資系企業への転職を決断するか否か判断しましょう。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンR 公式ミニブック【’09-’10改訂版】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンR 公式ミニブック【’09-’10改訂版】

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/05/01
  • メディア: 単行本




posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 10:28 | Comment(0) | 主な外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職


稼ぎたい!楽しく仕事したい!Web業界の転職なら【ウェブキャリア】
momobgyoko.JPG

外資系企業【転職は有利か不利か】
 │
 ├ 転職の理由
 ├ 転職の是非
 ├ 転職に有利な年齢、不利な年齢
 ├ 転職に有利な職業
 ├ 転職希望者には外資系企業が人気
 ├ 外資系企業の定義
    ├ 分類 その1
    ├ 分類 その2
    ├ 分類 その3
    └ 分類 その4
 ├ 外資系企業の特色 給料編
    ├ 特色 通勤時間編
    ├ 特色 人間関係編その1
    ├ 特色 人間関係編その2
    ├ 特色 入社編
    ├ 特色 社員編その1
    ├ 特色 社員編その2
    ├ 特色 社員編その3
    └ 特色 就職編
 ├ 外資系企業への転職に必要な語学力
    ├ 転職の際の履歴書
    ├ 転職の際の面接
    └ 転職で求められる能力
 ├ 外資系企業と日本企業の違い
 ├ 外資系企業のメリットとデメリット その1
    ├ メリットとデメリット その2
    └ メリットとデメリット その3
 └ 外資系企業【マイクロソフト】
    ├ 主な外資系企業 その1
    └ 主な外資系企業 その2


posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 17:47 | Comment(0) | 外資系企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸入・貿易とは


おトクがいっぱい♪♪ りそなカード《セゾン》

momobgyoko.JPG

輸入・貿易とは
外資系企業と貿易用語

貿易と聞いて皆さんはどんなことを連想しますか?貿易とは何でしょうか。
普段使わない用語ですし、たまにニュースで聞くくらいの用語ですと、なんとなくわかっていても言葉で説明できず、いまいちピンとこないですよね。
貿易とは国と国の取引、つまり商品を売買することを言います。日本の中での取引は国内取引といいますよね。
例えば北海道の商品を沖縄と売買するのは貿易とは言わないですよね。
私たち日本人は食材をはじめ、輸入に頼っています。在は主に売買を行っている国はアメリカや中国になります。
輸入・貿易においてアメリカや中国には非常にお世話になっているのが現状です。なぜ輸入に頼るのかと言いますと、例えば日本で商品を買うより、大量生産され、かつ価格が海外の方が安い場合、経費や運賃などは日本ということになります。
それぞれの得意とする商品がその国で大量生産されると、日本よりも原産国などの方が安いので輸入するのです。
私たちもお買い物をするときに、少しでも安い場所を見つけて一番安い場所で買い物をするなど、同じ商品であればやはり値段は高いよりも安い方を選ぶ方が多いですよね。
そういった考え方と似ているような気がしますね。
国同士の取引でも赤字などにならないよう、少しでも安くたくさん商品が手に入れるために輸入と輸出が行われるのです。
貿易と言っても基本的には輸入と輸出の取引をいいますが、貿易の中でもたくさんの種類があるようです。
これから紹介していきたいと思います。
おトクがいっぱい♪♪ りそなカード《セゾン》


貿易用語≫続きはこちら
posted by 外資系企業 貿易用語 記録の細道 at 16:52 | Comment(0) | 転職の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。